新聞テレビ雑誌 | tricolog365  trico編集部による365日ブログ

tricolog365  trico編集部による365日ブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2017.12.22 Friday | | - | - | posted by スポンサードリンク |
おかずクラブ
テレビを見てて、久々に爆笑してしまったこと。

若手女芸人の「おかずクラブ」

彼女たちが絶好調の時は誰に似てる?という質問の回答。

ゆいP→平愛梨

オカリナ→深津絵里


、、、分からなくもない(笑)

でも、やっぱり、まだまだ、こっちの「くらぶ」には勝てませんな!

ダチョウ倶楽部ジモンさんの吉田沙保里選手のモノマネ。

 
| 2015.06.22 Monday | 14:45 | 新聞テレビ雑誌 | comments(0) | posted by trico |
気になるドラマ
もうすでに2回もやってしまっていたとは・・・。

ドキュメンタリードラマらしいが、気になってしょうがない。
次回から観てみよう。


http://www.tv-tokyo.co.jp/akabane/
| 2015.01.19 Monday | 19:25 | 新聞テレビ雑誌 | comments(0) | posted by trico |
サントリーが器が小さいということ

 NHK朝の連ドラ「マッサン」が好評で、妻のエリー役のシャーロット・ケイト・フォックスの人気もうなぎ上りだ。

 さて「マッサン」に関してリング外での、アサヒビールとサントリーとの場外乱闘も興味深い。マッサンこと亀山政春はニッカ(現在はアサヒビールの子会社)でウイスキーを作るのだが、実はその前はサントリーで働いていた。ドラマで堤真一演じる鴨居欣次郎は、サントリーの鳥居信次郎がモデルだ。 


 マッサンはウイスキー作りの第一歩をサントリーから始めたのである。つまりサントリーとしては、マッサンのルーツはサントリーであるといいたいのだ。というのも国産ウイスキーの父はマッサンだから、そうであるならば、サントリーこそが真の国産ウイスキーのルーツだということになる。

 しかしマッサンブームでニッカばかり注目をあびて、メディアに大量の広告費を投下しているサントリーはこれがおもしろくない。

 

 なんとサントリーは、マッサンのニッカを、国産ウイスキーの原点としたニッカの記事を掲載した「週刊現代」にクレームをつけたのだ。

 講談社筋によると、サントリー側はこのことで激怒して「今回の広告費は払わない。御社(講談社)の媒体には今後、一切広告を出稿しないことも検討する」と激しく抗議したらしい。

 

 サントリー小さいぞ、山崎は世界に認められたんだからいいじゃん。

ニュースソース
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141105-00010005-bjournal-bus_all

| 2014.11.10 Monday | 14:28 | 新聞テレビ雑誌 | comments(0) | posted by trico |
トイ・ストーリー4!!
続編の製作が決定したとのこと。

2017年に公開予定、、、2年後か。姪っ子も大きくなっているし、
一緒に観に行けるかな〜おじさん

楽しみww楽しみww

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141106-00000021-mantan-ent
| 2014.11.07 Friday | 14:03 | 新聞テレビ雑誌 | comments(0) | posted by trico |
増税決定!





安倍晋三首相は平成26年4月1日に消費税率を8%へ引き上げる考えを表明した。
と言っても、規定路線だったので、いまさら驚くことはない。
……はずなのに、ここへ来て反対論やら運動やらが妙に増えている。

これはどう考えてもおかしい。

消費税UPを決めたのは民主党だが、自民党も選挙で増税を公約していた。
だから当選して公約通りにことを進めているだけだ。

“原発再稼動”も“増税”も“国防軍”も、全て自民党は選挙の前に「当選
したらやりますよ」と通達している。そして選挙で過半数を超える圧勝をした。
むしろきちんと公約を守っている政党と言うことができる。

「オレは反対だから自民党に入れなかった!」と怒る人もいるだろう。
しかし、例えイヤでも、多数決で決まったことには従わねばならないのが、民
主主義なのだ。

だから選挙は、新聞テレビなどの情報だけに流されず、よく考えて入れないと
ダメなのである。

| 2013.10.01 Tuesday | 15:20 | 新聞テレビ雑誌 | comments(0) | posted by trico |
本日朝刊にて

このキャスティングでは
不安を感じてしまうのは
私だけなのでしょうか?



それとも彼らを再生させたい
ということでしょうか?


無理矢理感がにじみ出て
おもしろいすけどね。






JUGEMテーマ:日記・一般
 
| 2013.03.27 Wednesday | 18:56 | 新聞テレビ雑誌 | comments(0) | posted by trico |
ニュース
現在、問題になっている「体罰」の問題。

先日、小田原の市立中学校にて、体罰問題が起きたと報道されていた。
他県で色々騒がれている渦中だったので、大きく取り上げられてしまったんだろう。

あくまでも私個人の意見だが、他の部活中の体罰と、この小田原市の騒動は、少し違う気がする。

誰か暴言を吐いた生徒を叱ったのだろうか?
「ばか」「はげ」「死ね」…これは、言葉の暴力ではないのか?
絶対服従の立場を利用して…というのであれば、絶対手をあげてはいけない立場の人間に暴言を吐いて良いのか?
と思ったりもする。

言葉を扱う仕事をしているから、余計に汚い言葉を使う人間に落胆する。
暴言をはくこと…そこからは、何も良いことは生まれない。
汚れた言葉を使うと、心も汚くなる気がする。

虹を見て、単純にキレイだなぁ…と思う心を持ってほしい。
| 2013.02.04 Monday | 15:14 | 新聞テレビ雑誌 | comments(0) | posted by trico |
ムシムシ大行進


世の中には実に多くのジャンルの本が出ている。
この前読売新聞の新聞広告が目に入ったのだが、
なんと「虫の卵ハンドブック」というのがあるらしい。



広告コピーを読むと「野山や街中に生息する虫、
約270種の卵を収録。卵の色や模様、形の面白
さはもちろん、卵を虫たちが巧みに隠す術も紹介。」
と書いてある。

うーん、これどういう人が買うのだろう。わざわざ新聞
広告までするんだから、幅広く知ってもらいたいもの
なのだろうか。

ちなみに編集部の周囲には田畑があるので、夜に
なるとけっこうな確立で、光に寄せられて虫が飛び
込んできて大変なのであります。

| 2012.07.23 Monday | 13:55 | 新聞テレビ雑誌 | comments(0) | posted by trico |
自分で考える






今日は金曜日、今夜は東京・永田町首相官邸前反原発のデモの日だ。ノンフィク
ション作家の佐野眞一がSAPIO2012年8月1・8日号で書いた文章が素晴らし
い。以下、引用してみる。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
参加者の多くは勤め帰りの会社員や学生、なかには子供を抱えた母親や、避難区域に置き去りにされた動物の保護を訴える犬連れの主婦などもいたと聞く。「原発はもう要らない!」などと声は上がるものの、終始穏便に遂行されているデモは、おそらく今までデモになど参加したこともない人々が声を上げた点で画期的と言ってよく、イデオロギーの匂いをほとんど感じさせない。

例えば「せめてデモに参加する自分の姿を子供に見せたかった」と涙ながらに言う母親は、大飯原発の再稼働を野田首相及び政府がなし崩し的に決定し、7月1日には同3号機が現に動き始めたこの国の現実から我が子を守りたいと思う余り、感極まったのだろう。その涙はあくまで個人的で生理的で切実なものだ。

従来の「反原発」は、ある特定の思想や主義を掲げる人々が「頭で考えた」言葉だったが、母親たちが語る脱原発は実際に子を産み育てる者の「身体性」に裏打ちされているだけに、心に届くのである。

対して、私がむしろイデオロギーを感じるのが「原発を再稼働させなければ日本経済は確実に沈没する」と、相も変わらずの脅し文句を振りかざす再稼働支持派や政官財の側だ。

彼らの言葉は反対派との「切実さをめぐる対立軸」において明らかに見劣りする。仮にイデオロギッシュであっても正当な根拠なり説得力があれば構わないのだが、原発を止めたままだと日本経済がどの程度沈没するのか、私は具体的な数値を伴った説明を聞いた例(ためし)がない。「日本経済の先行きが……」といういかにももっともらしい意見を語る再稼働支持派は、原発事故で故郷を失った何十万もの国民たちに直接、その言葉で説得をできるのか。

(中略)

野田首相が「再稼働」を主張する裏には経済界の圧力が露骨に感じられ、「脱原発」を唱える側にしても、離党して新党を結成した時点から急にそう言い出した。こういう輩は、反原発を政争の具にするだけだから信用がおけない。首相官邸前に集まる人々は、そうした政治家たちのいかがわしさにも、怒りをぶつけているのだろう。

※SAPIO2012年8月1・8日号
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

原発に対する考え方は人それぞれいろいろあっていい。
だけどテレビや新聞の情報にだまされず、自分のアタマで何が正しいのかを見
極めることが大切だ。

| 2012.07.20 Friday | 14:27 | 新聞テレビ雑誌 | comments(0) | posted by trico |
天体ショーラッシュ!!
 先日の「金環日食」に続きまして、昨日は「部分月食」


※写真はネットから拝借。仙台で撮影されたもののようです。

さらに!!明日は「金星の日面通過」です!!
明日6/6(水)10:00〜12:00 ウエストモール1F正面入口店頭にて
天体ショー観察会が開催されます!
金星の日面通過は243年に4回だけ起こる天文現象で、次回発生は約100年後。

しかしながら、天気が良くなさそうですね。
小田原の気候はこういったイベントには不向きなんでしょか?(-_-;)

今からてるてるボーズを作って晴れになることを願いましょう☆

今までの流星群だったり、皆既日食、金環日食、部分月食、全て見ていないワタシですが、
明日は見れたら見てみようかな♪と思います!
くれぐれも、目に悪影響が起きない程度に観察をしましょう(*^_^*)
| 2012.06.05 Tuesday | 13:27 | 新聞テレビ雑誌 | comments(0) | posted by trico |


CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
trico
categories
archives
recent comments
bookmarks
profile
Mobile
携帯からも見れます
    qrcode